Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netj03/www/yamagata-takara.com/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 646

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/netj03/www/yamagata-takara.com/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 663
最上川の流通・往来 | 未来に伝える山形の宝

最上川の流通・往来

流通・往来の歴史(古代)

古今和歌集に収められた最上川

 「もがみ川 のぼればくだるいな舟の いなにはあらず この月ばかり」
 この歌は、延喜(えんぎ)5(905)年に成立した『古今和歌集(こきんわかしゅう)』に収められているもので、 最上川が確認できる最も古い史料です。「いな舟」は稲を運搬する舟と考えられ、舟を使った水上の輸送や農耕との関連を連想させます。最上川は稲舟とともに歌枕として、当時の中央貴族によって歌い継がれました。

「水駅」が置かれる

 律令国家によって整備された古代の道路網の中で、出羽国(でわのくに)に「水駅(すいえき)」が置かれていたことがわかります。水駅というのは、駅馬(えきば)や伝馬(でんま)の他に舟を配置した駅のことで、出羽国以外には見られない独特なものです。最上川で舟を使った交通や輸送が、主要幹線として位置づけられていたと考えられます。 水駅の位置はまだ明らかにされていませんが、野後駅(のじりえき)の推定地である駒籠(こまごめ)遺跡で発掘調査を行っています。
34-502 城輪柵跡(3)       p9 駒籠館跡
城輪柵跡(酒田市) 【国指定史跡】  発掘調査中の駒籠遺跡(大石田町)
山形の宝検索navi「城輪柵跡」

「流通・往来の歴史(中世)その1」 こちらへ