わたしたちの最上川を未来へ

母なる川最上川kotira
 最上川は、山形県の「母なる川」と呼ばれています。
 最上川は、古くから流域の生活や文化を生み育て、 山形県の風土や歴史、文化、生活を特徴づけているものです。 同時に、人々の営みと自然環境が調和した多様な河川利用の姿を伝えています。

 ※「最上川流域の文化的景観」調査報告書(山形県教育委員会 平成23年3月発行) 、私たちの最上川を未来へ(山形県教育委員会 平成24年3月発行)  
 上記の報告書等を再構成して作成しています。(県HPへリンク)


kotira
左沢楯山城跡からの眺望 最上川の歴史や文化、自然等に詳しい専門家の皆様から、それぞれの視点や立場で最上川の魅力や価値を迫り、一見の価値ありという”とっておきの最上川”を推薦していただきました。
 ぜひみなさんも現地に足を運び、最上川の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

kotira 
 県では、最上川を文化的景観として見つめ直し、活用しながら未来に伝える取組みを進めています。
 文化的景観は、わたしたちの身の回りに見える風景の本質的な価値を見直し、その地域の歴史や生活を次の世代に伝えていこうとするものです。

kotira
 県では、先人から受け継いだ最上川と最上川流域の貴重な地域資源の中から、特に次の世代に伝えたいものを「最上川の文化的資産50選」として選定しました。
 この50選を地域づくりや観光交流の拡大につなげていくとともに、最上川の素晴らしさを再認識し、郷土に対する誇りや愛着を育んでいく取組みを進めています。